贈与のお話。 生前贈与の注意点!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

生前贈与の注意点!

生前贈与とはどんなもの?

生前贈与について一般的なものは、

  1. 暦年課税制度
  2. 相続時精算課税制度  があります。

今回は、暦年課税制度についてお話しします。

毎年110万円までの贈与は税金がかからないって

聞いたことありますよね。

暦年課税制度の定義は、

1月1日から12月31日までの一年間に

贈与された財産が総額に対して課税される制度で

契約書が必要。

なんだ、課税されるんじゃないか!

ただし、一人当たり年間110万円の

基礎控除額がある。

すなわち、年間110万円までなら贈与税は

かからないということになります。

生前贈与されている方、多いですよね。

しかし、ここで本当に注意が必要です。

税務署の相続税に対する税務調査です。

一般に相続税に対する税務調査は申告件数の

およそ20%~30%ぐらいだそうです。

そして80%が徴収されるそうです

調査の対象の多くが追徴されるってことです。

税務署の調査も、個人事業主に税務調査は4%

法人の法人税の税務調査は6%ぐらいなので

いかに相続税の税務調査が多いか、また追徴される

割合が多いかと言うことです。

税務調査でどんな場合に徴収されるのか?

また、なぜ徴収されるのかを、次回にお話しします。